2024年

2024年1月30日

包括的に高齢者のフレイルを評価するツールを開発している当教室は、東京西部保健生協の協力と2つの企業も参加して、フレイル健診を実施しました。IT技術を用いた計測に参加した大勢の高齢者から、とても楽しかった、自分のフレイルが良くわかる意義のある健診であると思うなど、大変な好評を頂きました。今後も同様の計測を継続し、診断技術の向上に努めていきます。

Our department, which develops tools to comprehensively evaluate frailty in the older adults, conducted a frailty checkup with the cooperation of Tokyo Seibu Health Co-op and two companies. The test received great feedback from the many older people who participated in the IT-based measurement, saying that it was a lot of fun and that it was a meaningful health checkup that allowed them to better understand their own frailty. We will continue to perform similar measurements and strive to improve our diagnostic technology.
 

   

2024年1月13日

住み慣れた自宅や地域で安心安全にできる限り自立して暮らし続けられる地域づくりを目指す「Ageing in Place」を静岡県伊豆の国市に実現するための研究活動が開始されました。順天堂大学の教授陣による一連の講演会のほかに、地元の住民代表者を招いてフォーカスグループディスカッションを開催し、社会資源を探索したマップ作りを行い、「Ageing in Place」の実現に向けた課題の抽出を行っていきます。

The research has begun in Izunokuni City, Shizuoka Prefecture, to create a community of "Aging in Place" in which people can continue to live as independently as possible, comfortably and safely in their familiar homes and communities. In addition to a series of lectures by Juntendo University professors, we also invited local resident representatives to hold focus group discussions, created a map that explored social resources, and aim at achieving "Aging in Place."
 

  

2024年1月4日

順天堂大学グローバルヘルスリサーチ研究室の紹介記事が、公益社団法人日本WHO協会の「目で見るWHO」の 2024年冬号に掲載されました。
An article regarding Juntendo University's Global Health Research Department was published in the Winter 2024 issue of "MEDEMIRU WHO" by the Japan WHO Association.


掲載記事はこちら(出典:日本WHO協会「目で見るWHO」 No 87, Page 16-17, 2024 URL https://japan-who.or.jp/about-us/library/)