私たちは、だれひとり取り残されず、
すべての人が健康でより良く生きることができる
世界の創造を目指します。

We aim to contribute to shaping the world where no one is left behind and everybody on earth can live in health and well-being.

About us
グローバルヘルスリサーチ研究室について

私たちの研究室は、世界のすべての人々の健康とウエルビーイングの向上を目的に、Population Healthの視点から社会実装とアドボカシーのための研究を実施しています。研究対象は幅広く、ミクロレベルでの個々人の健康行動の促進、メゾレベルでの健康の社会的決定要因やコミュニティエンパワーメント、マクロレベルでのヘルスシステムとヘルスサービス提供モデルの構築に焦点を当てています。またグローバルヘルスにおける介入や観察研究を通して、高度な能力を有する学際的かつ国際的な人材の育成に努めております。

We aim to conduct research for both implementation and advocacy from the perspective of Population Health, with the purpose of improving health and well-being of all people in the world. Our researches range from promoting individual healthy behavior at micro-level, social determinants of health and community empowerment at meso -level, and health system and service delivery models at macro-level. We nurture multi-disciplinary and international professionals for advanced competencies to conduct interventions and observational studies in global health.

 

研究室の紹介記事はこちら(出典:日本WHO協会「目で見るWHO」 No 87, Page 16-17, 2024 URL https://japan-who.or.jp/about-us/library/)

Read More

私たちは、人類も自然も持続可能に存続できるより良き社会を目指し、
グローバルヘルスの視点から何をすべきか考え続けていきます。

We seek to consider consistently what we should do from a perspective of global health, aiming for a better society where both humankind and nature can sustainably survive.

Research
研究内容

順天堂大学大学院グローバルヘルスリサーチ研究室の研究テーマ
Studies of Department of Global Health Research, Juntendo Univ.

現在実施中の研究と事業 / On-going researches & projects

Learn More

過去の研究と事業 / Completed researches & projects

Learn More

私たちは、超高齢社会の日本と、今後急速に高齢化しつつある
アジア、ラテンアメリカそしてアフリカの国々との間で、
高齢化対策の教育と研究のための橋渡しになることを目指します。

We try to serve as a bridge for education and research of ageing between super ageing Japan
and rapidly ageing countries in Asia, Latin America and Africa.

News
ニュース

2024年1月30日

包括的に高齢者のフレイルを評価するツールを開発している当教室は、東京西部保健生協の協力と2つの企業も参加して、フレイル健診を実施しました。IT技術を用いた計測に参加した大勢の高齢者から、とても楽しかった、自分のフレイルが良くわかる意義のある健診であると思うなど、大変な好評を頂きました。今後も同様の計測を継続し、診断技術の向上に努めていきます。

Our department, which develops tools to comprehensively evaluate frailty in the older adults, conducted a frailty checkup with the cooperation of Tokyo Seibu Health Co-op and two companies. The test received great feedback from the many older people who participated in the IT-based measurement, saying that it was a lot of fun and that it was a meaningful health checkup that allowed them to better understand their own frailty. We will continue to perform similar measurements and strive to improve our diagnostic technology.
 

   

2024年1月13日

住み慣れた自宅や地域で安心安全にできる限り自立して暮らし続けられる地域づくりを目指す「Ageing in Place」を静岡県伊豆の国市に実現するための研究活動が開始されました。順天堂大学の教授陣による一連の講演会のほかに、地元の住民代表者を招いてフォーカスグループディスカッションを開催し、社会資源を探索したマップ作りを行い、「Ageing in Place」の実現に向けた課題の抽出を行っていきます。

The research has begun in Izunokuni City, Shizuoka Prefecture, to create a community of "Aging in Place" in which people can continue to live as independently as possible, comfortably and safely in their familiar homes and communities. In addition to a series of lectures by Juntendo University professors, we also invited local resident representatives to hold focus group discussions, created a map that explored social resources, and aim at achieving "Aging in Place."
 

  

2024年1月4日

順天堂大学グローバルヘルスリサーチ研究室の紹介記事が、公益社団法人日本WHO協会の「目で見るWHO」の 2024年冬号に掲載されました。
An article regarding Juntendo University's Global Health Research Department was published in the Winter 2024 issue of "MEDEMIRU WHO" by the Japan WHO Association.


掲載記事はこちら(出典:日本WHO協会「目で見るWHO」 No 87, Page 16-17, 2024 URL https://japan-who.or.jp/about-us/library/)

2023年12月18日

「第5回 順天堂大学&シンガポール国立大学合同国際フォーラム」が順天堂大学で開催されました。テーマは「持続可能な健康長寿社会2023」で、順天堂大学の湯浅資之教授とMyo Nyein Aung准教授をはじめ、海外からはシンガポール国立大学社会政策分析学部のPaul Cheung教授、韓国延世大学グローバルヘルスセンターのNam Eun Woo教授、米国マイアミ大学人類学講座のLouis Herns Marcelin教授がプレゼンターとして登壇しました。教授陣に対して学生からは多くの質問が投げかけられ、活気あるディスカッションの時間を持ちました。

”The 5th Juntendo University & National University of Singapore Joint International Forum" was held at Juntendo University. The theme was "Sustainable Healthy and Ageing Society 2023," and the presenters were Prof. Motoyuki Yuasa and Associate Prof. Myo Nyein Aung from Juntendo University, Prof. Paul Cheung from the Department of Social Policy Analysis, National University of Singapore, Prof. Nam Eun Woo from Yonsei University Global Health Center, Korea, and Prof. Louis Herns Marcelin from the Department of Anthropology, Miami University, USA. Students asked various questions to the professors and had a lively discussion on the topics.

学会ポスターはこちら

 

 

 

2023年12月15日

アメリカのマイアミ大学教養学部文化人類学教室よりHerns Marcelin教授が来学され、移民についてのご講演をしてくださいました。先生は社会科学系において世界最大といわれる数千億円の助成金を獲得し、世界中の移民の実態についてグローバルリサーチ(MIDEQ)を展開しています。当研究室とも親和性があるので近未来の共同研究の可能性について議論をしました。

Prof. Herns Marcelin from the Department of Anthropology in the College of Arts and Science at the University of Miami came to have a presentation on migration. Dr. Herns and his team have received the world’s largest grant in social science to conduct research on migration around the world (MIDEQ). As our research lab has a strong affinity with Dr. Herns’ work, we had a lively discussion to explore how we can collaborate in the near future. 

 

Read More

Access
アクセス

順天堂大学大学院医学研究科
グローバルヘルスリサーチ研究室

〒113-8421
東京都文京区本郷2丁目1番1号

最寄り駅
JR御茶ノ水駅(お茶の水橋口)下車…徒歩8分
JR水道橋駅(東口)下車…徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線本郷三丁目駅下車…徒歩7分

Department of Global Health Research,
Graduate School of Medicine,
Juntendo University

Hongo 2-1-1, Bunkyo city, Tokyo, 113-8421, Japan

Closest railway stations;
JR Chuo-line, Ochanomizu St., exit of Ochanomizu-hashi; 8 min walk
JR Sobu-line, Suidobashi St., exit of Higashi; 7 min walk
Tokyo Metro Marunouchi-line, Hongo-Sanchome St., 7 min walk